カーテンの違いが一目瞭然だった

友人の住んでいる家のリビングには、大きなガラスのテーブルに、ふかふかのソファが置いてあり、プラズマテレビとブルーレイプレイヤー、ミュージックコンポ、デスクトップ型のパソコン、天井には大きなシャンデリアと、とても豪華なラインナップです。そしてその豪華さをより引き立てているのは、大きな窓に引かれているカーテンでした。落ち着いた赤紫色がベースになっていて、深めの青色、黄色、緑色のチェック模様が印象的なカーテンは、ブランド品のとても高級なものらしく、友人はこれを大いに気に入っていました。この友人の家は新築の一軒家で、つい最近引っ越してきたばかりです。

そのため、以前暮らしていた家から引っ越してくるにあたって、新しく購入したものだと言っていました。そんな友人の家のリビングにある高級なカーテンを見た私は、その後に各部屋も見せてもらったのですが、そこでの違いに驚いてしまいました。それは、リビングには高級なカーテンが引かれているのに対して、他の部屋のカーテンは明らかに安そうなものだったからです。私はこれを友人に指摘してみたところ、「バレちゃった?」と、照れ笑いしていました。友人が言うには、他人を招き入れることも多いであろうリビングには、少しばかり見栄を張って高級なカーテンを購入したものの、寝室や子供部屋、洗面所や物置などは人から見えないと思い、安いカーテンを引くことにしたのだそうです。ただ私の場合には、仲が良いことから各部屋を案内したのだと言ってくれました。これを聞いた私は、確かに高級なカーテンを引いてあるリビングだけを見てみると、友人がまるで大金持ちかのように見え、その効果が大きいものだと感じました。カーテンが高級であるだけで、リビングの豪華な雰囲気が一気に高まるものでした。

しかし実際は、友人が大金持ちというわけではなく、いたって普通の家庭です。他の部屋を見てみればそれはすぐにわかることで、見栄っ張りな友人が可愛らしく思えてしまいました。私はこれまで、カーテンというものにあまり気を止めたことがなかったものの、ここまで違いがあるということを知って驚いてしまいました。きっと1つの家の中で、カーテンを見比べるということをしたからこそわかったことで、カーテンの効果というものを知った出来事でした。私の部屋には安いカーテンを引いてあるのですが、友人の家のリビングを見て、高級なカーテンにも興味を持ちました。